妊娠中はサプリメントでビタミンを摂取しましょう。

妊娠中、つわりを始めとする様々な不快症状に悩まされる妊婦さんは多いんです。とくに初期から五ヶ月目くらいがつわりのピーク。だるさ・頭痛・吐き気・イライラなどで夜も眠れず、中には食事もロクに食べられず体重が激減してしまう人も。このような症状を緩和することができるのが、葉酸とビタミンB12・B6という成分です。葉酸は赤ちゃんの先天性異常を防ぐことのできる栄養素で妊娠前から摂ることが望ましいとされています。また、赤ちゃんだけではなくママの体にもとても大切な栄養素で、ビタミンB12・B6はママの体の自律神経を整えたり、つわりの症状を軽くしたりする作用があるのです。とくにB6は不足すると妊娠高血圧症候群になりやすくなってしまいます。
これらの栄養素を普段から食事で摂取できればいいのですが、つわりなどによる、だるさから食事がおろそかになりがちです。そんな方はサプリメントから栄養を摂取するのが良いでしょう。
その他につわりの症状が出ずに、体重が増えるのを気にしてダイエットをするママもいますが、お腹の赤ちゃんに良くないのでやめておきましょう。また、骨盤が緩むことによって腰痛や股関節痛を感じるママもいます。無理をせずに産科に相談したり、整形外科を受診をするのがおすすめです。また、ママが風邪などの不快な症状を感じた場合は無理をせずに内科を受診するようにしましょう。ママや赤ちゃんの体に影響がない薬を出してくれるので安心してください。