妊娠中に足りない鉄分をサプリメントで補う

妊娠中に不足しがちな成分のひとつに鉄分があります。
特にお腹が大きくなり始めた中期以降に貧血と診断される人が多く、食事などで補うことが大切です。
妊娠中は、血が足りなくなるのではなく、血が薄くなってしまう鉄欠乏性貧血を起こします。
その原因は、妊娠すると胎児のために酸素や栄養を送らなければならなくなりますが、そのために血液は普段の1.4倍になり、胎児にも十分な血液を送ろうと体が変化します。
しかし、母体の血液量は増えていても、それに比例して赤血球の量が増えないため、血液が薄まってしまうのです。
もし母体の鉄分が足りなくなった場合でも、胎児に積極的に送られるようになっていますので、胎児の発育に影響がなくても母体の分がどんどん減ってしまい症状が悪化してしまう可能性が高いのです。
特に、赤ちゃんの成長が著しく、酸素や血液が送られ続ける中期から後期は注意しましょう。
母体にも大事な成分を補うためには、食事やサプリメントからきちんと摂取する必要があります。
食事では、ひじきやほうれん草などを積極的に摂るようにするといいでしょう。
しかしながら、食事だけでは十分な量を摂取できない可能性が高いので、サプリメントも併用します。
赤ちゃんの発育を促す効果のある葉酸サプリメントには、葉酸以外にも鉄分などの妊娠中に不足しがちな成分が含まれていることが多いので、ひとつに色々な栄養素を含むものを選べば何種類も飲む必要がなくなります。
一種類飲むだけで不足している成分を補うことができれば、忙しい時にも手軽に飲めますし、金銭的にも負担が減りますね。